【主婦知恵】クローゼットのカビをキレイに掃除する方法

久しぶりにクローゼットの中を掃除したら「カビ」がはえていたことはないですか?
カビが発生すると嫌な臭いが出てきたりして、せっかくのお気に入りの洋服などが
カビ臭くなって悲しくなりますよね。

カビと言えばお風呂など湿気が多い所によく出てきたりして
掃除するにもカビ用の洗剤を使ったりこすったり出来ますが
クローゼットは同じようには出来ないですよね。

皆さんはクローゼットに出来る「カビ対策」はどのようにしているでしょうか?

今回はクローゼットのカビをキレイに掃除する方法をご紹介しましょう。

お風呂のカビとは訳が違う!絶対にしてはいけないこと

カビを見つけるとついついすぐに、雑巾などで擦ってしまいそうになりますが
してはいけない事が大きく分けて2つあります!

  • カビを湿らせない
    カビを湿らせてしまうと、汚れがとれにくくなります。
    ぬれ雑巾で拭くとカビが広がりさらに染み込んでしまい
    カビの色が家具にうつってしまうんです。絶対に嫌ですよね。

お風呂で出来るカビとは違い木材などの上に出来たさらさらなカビの場合は
さらさらな状態のカビのまま正しい掃除の仕方でカビを取っていきましょう。

  • 殺菌前にカビをこすらない
    擦ってしまうと木目にカビが入り込んでしまったり、
    カビの色が家具に移ってしまう事があります。
    これは知っとかないと間違って余計にカビを広げてしまっているかもしれませんね。

カビを除去する3つのポイント

消毒用エタノールで除菌
押入れやクローゼットはお風呂場などとは違い水で
ジャブジャブ洗い流すことができません。

臭いの問題もあるので
お風呂場で使われている塩素系のカビ取り剤は使わないようにしましょう。
押入れやクローゼットに有効なのが、エタノールもしくは逆性石けんです。

逆性石けんは原液を水で200倍に薄めて使いますので
エタノールを購入するのに比べたら経済的なのでおすすめです。

逆性石けんとはプラスに帯電しているので、マイナスのものに引き寄せられます。
カビはマイナスに帯電するタンパク質やセルロースが主成分なので
カビを逆性石けんで拭き取ると、陽イオンがカビの細胞表面に強く吸着します。

そして、タンパク質やセルロースを変質させて細胞の構造を破壊し
カビを殺してくれます。

漂白剤でカビの斑点を落とす

カビの殺菌が出来ても、あの黒い斑点はそのままです。
カビは死滅しているので、気にならない方はいいですが
ほとんどの方は気になると思います。

漂白して黒い汚れを除去しましょう。

台所で使われている塩素系漂白剤で漂白してください。
ただし、材質を傷めてしまったり、色が変わってしまう可能性があります。

目立たない隅っこの方で試してから行うようにした方がよいでしょう。

お風呂場用の塩素系漂白剤は強力なので、使わないでください。

サンドペーパーでけずる

押入れやクローゼットだと木材の壁の場合が多いと思います。カビの根がまだ
深くないのなら、表面のカビをサンドペーパーで削るという方法もあります。

漂白剤を使って材質を傷めてしまうのが嫌ならこちらで試してみてください。

まずは荒めのサンドペーパーで削った後に、細めのサンドペーパーで削ってください

まとめ

いかがでしたか?

カビは適切な対処をしないと現状がさらに悪化してしまいます。
この中でも「消毒用エタノールで除菌」は効果抜群ですよ。

カビを除去するだけでなくカビの予防にもつながります。
湿気が多くなるとカビが増えるので早めに対処したいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

その使い方は間違い?!オキシ漬けが失敗してしまう理由

【完全保存版】冷蔵庫を簡単・キレイに掃除する方法

風呂カビ撃退!しつこいゴムパッキンも簡単キレイに!!

重曹でお風呂掃除もラクチンにしちゃいましょう!

触りたくないシンクの排水口!簡単キレイにする方法

エコでスッキリ!電子レンジ掃除はレモンにお任せ♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。