便器の黒ずみが取れない!?汚れの落とし方と予防法

みなさんこんにちは!
毎日のお掃除で「黒ずみが取れない!!」と思ったことはありませんか?

特にトイレの便器は落ちにくい強力な黒ずみが面倒ですよね。
しかも毎日掃除をしないとその黒ずみはますます落ちにくくなります。
厄介でストレスの原因ですね。

そこで今回は、そんな頑固な黒ずみを落とすワザをご紹介します!!

便器のやっかいな黒ずみの原因

ではまず、そもそもどうして黒ずみが出てきてしまうのか?について考えてみましょう。

主な原因がカビや雑菌、ホコリなどの汚れだと言われています。
その他にもタンク内で発生したカビや汚れなどが便器に流れてしまったり
尿石がこびりついて酸化し、黒く変色するということも考えられます。

この黒ずみを長時間放置すると
水あか汚れと融合し非常に頑固な汚れとなってしまいます。
黒ずみを見つけたらなるべく早く落としましょう。

便器の黒ずみの落とし方と予防法

それではみなさんが気になるところである落とし方と予防法をご紹介します!!

まずは、落とし方から見ていきましょう。
段階がいくつかありますが、軽度の黒ずみ(見つけたのがすぐ)であれば
トイレ用中性洗剤を使って軽くブラシでこすれば落ちます。

一番使われるのが酸性のトイレ用洗剤&湿布法でおとすやり方です。
酸性の洗剤で便器をこすった後、湿布法を使いましょう。

湿布法とは、汚れを落としたい所にまんべんなくトイレットペーパーを敷き
そこに酸性のトイレ用洗剤をかけて染み込ませます。
数分置いてブラシでこすり落としましょう。

ここからは、黒ずみが頑固になってしまったときの落とし方です。
わかりやすく言うと研磨剤が入ったトイレクレンザーで落とす方法ですね。
※研磨剤が入っているため、便器の表面が傷つくことがあります。
各トイレメーカーも使用を禁止しているところもありますので
必要最小限で使うようにしましょう。

次に塩素系トイレクリーナーを使う方法です。
アルカリ性の塩素系トイレクリーナーは、除菌や漂白効果がありますので黒ずみを落とすのには有効なようです。

※酸性のトイレ洗剤と一緒に使うと有害な塩素ガスが発生しますので
絶対に混ぜないように注意しましょう。

ちなみに予防法ですが、100%予防できるということは残念ながらないようです。
しかし、黒ずみを早く見つけ初期段階で掃除をするとこびりつかず、洗剤とブラシで落とせる可能性が高いです。

また、黒ずみを再発させないためには
重曹」を使ったトイレタンク内の洗浄が効果的です。

ちなみに重曹は他にもいろいろな場面で活躍してくる心強い味方です。
洗浄方法はカッブ1杯程度の重曹の粉をそのままダンクに入れて
6時間程度置いてそのまま水を流すだけでOK!!

これならすぐに出来そうですね。
1ヶ月に1回程度を目安にタンク内のお掃除をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

毎日忙しい時間を過ごしていると
トイレ掃除まで毎日出来ないこともけっこうありますよね。

でも、頑固な黒ずみを残さないためにはこまめなお掃除が欠かせないようです。
掃除を楽にするためにも初期段階での黒ずみの除去を徹底しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

洗面所やお風呂の鏡の水垢が気になる!? クエン酸でピカピカに!

羽毛布団をコインランドリーで洗濯するには?失敗しないための注意点

【 必 見 】触りたくない油ギトギトな換気扇フィルターの掃除方法

【知らなきゃ損!】時短でラクできる!?網戸掃除の仕方はコレ!

あります!!面倒くさがりな人でも続けられる部屋の掃除のコツ

室外機って、意外と汚れてる?気になる掃除方法って!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。