長く使っているタオルも洗濯方法の工夫でふわふわになります!

ふわふわのタオルって気持ち良いですよね。
だからお気に入りのタオルなんてずっと使ってしまうと思います。
ですが、そんなお気に入りのタオルが固くなってしまうのは
悲しいと思いますよね。

実は、洗濯する時の工夫だけで
固くなったタオルがふわふわになるのです。

誰でもできる簡単な方法なので
ぜひ試してみてください。

ふわふわにする洗濯方法

 

まず、タオルを守るため洗濯ネットに入れましょう。
必須ではありませんが入れることをおすすめします。

タオルの表面には細かいループがたくさんあります。
これを「パイル」というのですがこれがタオルのふわふわの手触りを
つくっているのです。

洗濯をする時に他の洗濯物とぶつかりこのパイルが潰れてしまうのを
防ぐためのネットになります。
パイルがないタオルでしたらネットに入れる必要はないかもしれません。

次に、洗剤を適量だけ入れましょう
多い方がたくさん汚れを落としてくれそうなイメージが
あるかもしれませんが実際はごわごわや黒ずみの原因になってしまいます。

洗剤は水に溶ける限界量があるため適量を使うのが正しい使い方なのです。
適正量は洗剤によって違うので確認してみてください。

粉末洗剤の場合はお風呂の残り湯などぬるま湯を使うと綺麗に溶かすことができますよ。
ぬるま湯で洗剤を溶かしておいてそれからタオルを入れて洗濯をするという方法も
おすすめです。

次に、水の量を多めに設定しましょう
タオルの洗濯の場合は自分で量を調節するようにし
たっぷりの水で洗濯してください。ゆったりさせることでパイルが倒れにくくなり
繊維の奥の汚れも綺麗にすることができますよ。

この時、洗濯物を詰め込みすぎないように注意してください。
せっかく水をたっぷり入れても洗濯物を詰め込んでしまっては
意味がありません。

次に、すすぎをしっかりやりましょう。
最後のすすぎで水40リットルに、クエン酸を大さじあるいは、お酢を大さじ1
入れてください。洗剤を酸が中和し繊維が固くなるのを防いでくれます

ただし、クエン酸やお酢を入れすぎると洗濯槽が錆びてしまう可能性があるため
やりすぎは注意です。

洗剤の溶け残りは繊維に付着し乾燥すると固まります。
これが蓄積されていくことでタオルがゴワゴワになってしまうのです。
クエン酸やお酢を入れるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが
試してみてはいかがでしょうか。

次に、脱水まで終わったらなるべく早く干していきましょう。

タオルを半分に折りその両端を持って10~20回程度
パタパタと振ります。
こうすることで洗濯によって縮んだ繊維が起き
方向が揃うため、ふわふわのタオルになります。

なるべく風通しのいいところにしましょう。風で繊維がほぐれるため
ふわふわに仕上がります。

室内の場合は扇風機などを使うのがおすすめです。

乾燥機に入れる場合は5~10分程度入れておくといいでしょう。
ただし脱水直後では乾くまでに時間がかかりますし
生地を傷めてしまう可能性があります。

かといって乾いたような状態では乾燥のしすぎで生地が固くなってしまいます。
注意点が多いですが、タオルは直射日光に弱いものが多いため太陽の下で干すよりも
乾燥機の方がおすすめです。

ですがどちらにせよ、乾かしすぎるのはダメです。
必要な分の繊維の水分まで抜けてしまい、乾燥します。

そのせいで、せっかく立てた繊維も再び潰れてしまうため
直射日光で長時間干したままにしたりしないようにしましょう。

気温や日当たり、他にもタオルの厚さなどによって
適度に乾いていて、ふわふわになっているタイミングは様々です。

こればかりは自分で確認してもらうしかありません。

柔軟剤の使い方

柔軟剤は繊維を1つ1つコーティングしてやわらかく仕上げてくれます。
洗濯物をふわふわにするには必需品といってもいいでしょう。

ですが、これは繊維の表面をなめらかにしているもので
ふわふわはパイルのおかげなのです。

洗剤と同じで柔軟剤も適量を守るようにしてください。
パイルが抜けてしまう、残った柔軟剤が繊維を必要以上にコーティング
してしまい吸水性が悪くなる、といったことの原因になってしまいます。

また、柔軟剤はタオルをふんわりさせてくれますが
毎回使うと逆効果になってしまいます。
臭いがきつくなる、ベタベタしているように感じる
吸水性が悪い、黒ずみ、肌荒れなどです。

どんなにいい匂いでも強い匂いは臭く感じてしまいます。

柔軟剤は繊維をコーティングするものなので
たくさんの柔軟剤はさらにふわふわにするどころか
コーティングのしすぎでベタベタにしてしまいます。

強いコーティングは吸水の邪魔をしますし、落ちきらなかった汚れや
また付いてしまった汚れもまとめてコーティングしてしまいます。
それだけでなく、化学成分でもある柔軟剤が大量に皮膚についてしまうこと
もあり、その結果により肌が荒れます。

たくさんの汚れをコーティングして身につけている、
なんて考えてしまうと恐ろしいですね。

とはいえ事実であり、入れすぎがどれだけ良くないか
伝わったかと思います。

もちろん柔軟剤を入れることが悪いのではありません。適量を守らないことが
よくないということですので間違えないようにしてくださいね。

10回に1回くらいが柔軟剤を入れる目安であり、買ったばかりのタオルには使わず
何回か洗濯をして固くなり始めてから使うようにしてください。

まとめ

ふわふわにする洗濯の方法をご紹介しましたがそれでも寿命があります。

洗濯30回と言われており、案外短いです。
タオルは消耗品ですし繊維の劣化はどうしても起こってしまいます。

寿命の場合のゴワゴワはどんな方法を試しても
復活させることはできません。その場合は諦め
雑巾や足拭きなどにしてはいかがでしょうか。

関連記事

【主婦の疑問】風呂の残り湯で洗濯は汚い?メリットとデメリット

そうだったのか…!洗っても取れないタオルの臭いには原因があった

知らなきゃ損!ニット・セーターを長持ちさせる洗濯と干し方

洗濯物の生乾きの臭いが気になる!?洗濯方法で解消できます!

そうだったのか…!柔軟剤の入れる完璧なタイミングはこうだった!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。