知ってた?シャツに染みつくイヤーな黄ばみの原因と対処法

みなさんこんにちは!
最近はすっかり秋らしくなり、過ごしやすくなってきましたね。

でもつい1ヶ月前くらいは暑くて汗をかいていました。
そんなときに、シャツやえりなどが黄ばんでしまったことはありませんか?
それってなかなか落ちなかったりしますよね。
でも落ちないと次着れないし・・・

そこで今回はそんなシャツの黄ばみについて解説していきます!!

そもそもどうして黄ばむの?

シャツの黄ばみは、目には見えない汗や皮脂汚れが時間が経つとともに酸化して
黄ばみ」が現れます。

特に暑い夏は無意識のうちにたくさんの汗をかいています。
それが衣服に付着し、長時間放置すると黄ばんでしまうんですね。
ほとんどの方はすぐに洗濯をすると思いますが、洗濯して表面上は
きれいになったとしても、繊維の奥に落としきれない皮脂汚れが残っていて
落としきれていないと、それも酸化して黄ばみとなります。

「久々に着ようと思ったら黄ばんでいた」というのはまさにこれが原因です。

黄ばみとサヨナラ!今日から始められる対処法

それではここからは、黄ばんだシャツを元通りにする簡単な方法を2つご紹介します。

まず一つ目は、クレンジングオイルを使うバージョンです。

クレンジングオイルを汚れている部分に直接かけ、歯ブラシでこすります。
40~50度のお湯に酸素系漂白剤20~30グラムを入れてよくかき混ぜる。
そこに黄ばんだシャツを入れて20~30分付け置きする。
そのあとはいつもと同じように洗濯機で洗濯する。

二つ目は、重曹を使うバージョンです。

やり方は一つ目とほとんど同じですが、順を追って説明していきますね。
洗面器に40度くらいのお湯を入れて、酸素系漂白剤をよく溶かす。
そこにスプーン1~2杯の重曹を入れてよくかき混ぜる。
このとき漂白剤に直接重曹を入れると、ちょっと危ないので
必ず1つずつ溶かすようしてください。

そのお湯に黄ばんだシャツを1時間程度漬け込みます。
そのあとは普段通りに洗濯機で洗濯します。
 どちらの方法も酸素系漂白剤を使いますので、肌に触れると肌荒れする可能性があります。
必ずゴム手袋などをしてください。

まとめ

いかがでしたか?

黄ばんだシャツはもう着れないと諦めていたり
クリーニング屋さんに出さないと落ちないと思っていた方も多い
と思います。

でも最初から洗濯機で洗うのではなく、付け置きしておくとより落ちが
よくなるようですね。

特に重曹はいろいろな汚れ落としに活躍しますので、
ご家庭に一本置いておくのもいいかもしれません。

ぜひ、お試しください!
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

帽子だって日焼けする!?変色や色落ちを防ぐにはどうすればいい?

うっかり水着を洗い忘れちゃった!このまま使用するのはマズイ!?

大人気のプチプラコーデ!いまさら聞けない意味教えます

明日から語れるオシャレ用語「デパコス」と「プチプラ」の違いを解説!

知らなきゃ損!ニット・セーターを長持ちさせる洗濯と干し方

外出先で困った時にも!手軽にできるホコリ取り(服の素材別)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。