年越しそばをいつ食べるか知りたい人必見!家や地域での違いについて

年越しそばとは一般的に大晦日に食べるものとされています。
ですが、地域や家庭によっては違いがある風習になりますよね。
今回はそれを知りたい方のためにご紹介します。

年越しそばの歴史や由来、いつ食べるのか
そして
さらに縁起アップの具材の内容になります。
参考にしてみてください。

年越しそばの歴史や由来を知る

昔、年越しそばというのは節分に食べられるものでした。
旧暦では元旦と節分の日の間は数日しかなかったため
節分も年末年始の行事とされていたのだそうです。
ちょっと驚きの事実ですね。

しかも、江戸時代には毎月の終わりにそばを食べる習慣があったそうです。
それが明治になって月末のことを晦日という文化がなくなっていき
年末の大晦日だけになったのです。

そして今では大晦日に年越しそばを食べるという習慣になりました。

そんな年越しそばですがそもそものそばの始まりは
1574年が最古なんだそうです。
とはいえ鎌倉時代に弁円(べんねん)というお坊さんが
中国からそばとうどんを日本へ伝えた、という伝説もあります。

博多の福岡市にある承天寺では
饂飩蕎麦発祥之地(うどんそばはっしょうのち)という石碑があります。
どちらが正しいのか不明ですが、どちらにせよすごい話ですね。

さて、次は年越しそばの由来の方の話をご紹介したいと思います。

そばは他の麺よりも長く、切れやすいです。
これにかけて1年の厄を断ち切るためだと言われています。
他にも細く長く長寿繁栄を願っての意味もあります。
そばの麺が細く長いからですね。また、ソバという植物は強く育つため
健康の縁担ぎの意味もあったそうです。

さらに、そばというものは体にいいものとされていて
食べると内臓に溜まった毒を取り除いてくれると思われていたのです。
そのため、大晦日の夜にそばを食べ健康で新しい年を
迎えられるようにしていた
とされています。

おそらく江戸時代ほどの昔、金箔を扱う職人達が散らばった金を集めるために
そば団子にくっつけて金を集めたとされています。
ここから金運アップそしてお金が貯まるという縁担ぎになったそうです。

年越しそばを食べるのには色々な説があります。
ですが主に金運と健康運に関するものが多いようです。

ちなみに、年越しそばというのは温かくても冷たくてもいいそうです。
これは完全にそれぞれ好みの話になりますね。

なお、縁起物として食べるそばを残すと金運に恵まれないそうです。
たくさん食べる必要はないので、お腹に余裕がなさそうな時は
少なめにするといいかと思います。

 

年越しそばを何月何日の何時頃に食べるか

大晦日ならいつでもOKです!

結論から書いてしまいましたが年越しそばを食べるタイミング
正しい決まりなんて存在しないんです。それぞれの家庭によって
色々なタイミングで食べられています。

とはいえ食べる人が多いとされる時間帯もあります。
晩御飯として食べる年が明ける少し前の
11時30分頃から年明け前までの時間帯
です。

なお年越しそばを除夜の鐘を聞きながら食べている人もいるそうですが、
年越しをする前に食べきらなければ明けた年の金運や健康運に恵まれなくなる
とも言われています。気になる方は注意ですね。

先程、厄や毒を取り除いてくれると書きましたがその意味を考えると
夜、さらには年が明ける前の夜中の方が効果がありそうですね。

しかし、地域によってはそもそも大晦日にそばを食べない地域もあります。
新潟や福島県の会津地方などは元旦や1月14日に食べるところもあるため
絶対にコレが正しいというわけではないことを忘れないでください。

年越しそばには様々な種類があり、地域で違う

 

北海道や京都府ではにしん蕎麦、関東中心におかめ蕎麦、
岩手県ではわんこそば、福井県では越前そば、香川県では年明けうどん
沖縄県では沖縄そば、そして全国的にたぬきそば、きつねそば、天ぷらそばが
食べられています。

年越しそばなのに、うどん?と思った方もいるでしょう。
「太くコシがあるように」とすることもあり必ずそばでなければならない
というわけではない
んです。

今書いたように、同じそばでも種類が違っていても問題ないんです。
好きな麺類を食べ、心が幸せになることが1番いいことなので
そばやうどん以外にラーメンやパスタでもいいのです。

ぜひ自分の好きなものを食べて幸せを感じてください。

年越しそばに入っている具にも意味があった!

うちのそばはシンプルに他の具はなしですがたくさん具を入れる
ご家庭もあるでしょう。具によってさらに縁起がアップしますよ。

ニシンは二親(にしん)との語呂合わせで多くの子宝に
恵まれるよう
にとされています。

紅白かまぼこは、めでたいことの象徴としてお祝い事に関してよく使われます。
昔はかまぼこの材料となる白身魚はとても高価なものとされておりご馳走と
されていました。

海老や海老天ぷらなどは腰が曲がるところを長寿のシンボルとしています。
全国的に使われることが多い具になります。

卵焼き、伊達巻といった卵は黄身が金色に通じるところから縁起もの
とされています。特に伊達巻は家内繁盛の願いがこめられています。
巻いている形が着物の布地を連想させるので着るものに困らないとされるためです。

油揚げは、お稲荷さんの大好物です。きつねそば風に甘辛くしたり
してもおいしいです。お稲荷さんは商売繁盛の神様なので
新年の金運と仕事運をあげる縁起物とされています。

鶏肉は年の番最初に鳴くとされ大変縁起がいいものとされています。
全国的によく使われる具にもなっています。

今年の苦労をねぎらうからネギも外せない具となっています。
食欲を上げ、風邪の予防や改善にもいいので寒い大晦日の時期にはピッタリの具ですね。

厄を落とすとして大根おろしもあげられます。
そばの厄を断ち切るという意味とも相性がいいですね。
またネギ同様、体にいい具でもあるので食べておきたいものです。

一般的に多く使われる具はこのあたりでしょうか。

地域や家庭によってまったく違う具も入れるかもしれませんが
おいしく食べて幸せになることが大事なので好きな具を入れて
食べること
がなによりも良いのではないかと思います。

まとめ

昔から大晦日には年越しそばを食べるものという風習は我が家にもありました。
ですが、なんで縁起がいいのかまったく知りませんでした。
何か理由があるのはわかっていましたが子供のうちは調べるなんてことは
全然しませんでした。なぜ縁起がいいか知ったので大晦日のそばを縁起のいいもの
として食べようかと思います。

みなさんもおいしいそばを食べてくださいね。

関連記事

知らなきゃ損!な時短テク♪あさりの砂抜きは味の素でするべし!!

【食べすぎ注意!】みかん1個のカロリーは?食べすぎると太る!?

赤ちゃんの昼寝時間はどれくらい!?短いと成長に影響はある!?

pvaのりがないけどスーパーボールを作りたい!代用になるものは?

参考文例有り!保育園への年賀状の書き方マナー

雨を願うならあめあめ坊主?!その作り方とは【あめあめ坊主の作り方】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。