日本語の不思議!雪がしんしんと降りつもる…由来や意味は?

擬音語といえば、何を思い浮かべますか?

日本独自の擬音語は、フワフワやドキドキ
パクパクなどたくさんありますよね。

中でも、「雪がしんしんと降る」の
しんしんって、不思議ではないですか?

雪はしんしんと音が鳴りながら降るわけではありませんよね。

私は雪が降る地域出身ですが
雪の中にいて”しんしん”なんて音は聞いたことはありません。

この記事では、そんな“しんしん”についてご紹介していきます。

雪がしんしん…由来や使われる場面は?どんな漢字を使うの?

雪がしんしんと降る、という擬音語
海外の方にも美しい日本語だと言われているんです。

私もとても綺麗な言葉だと思います。

この”しんしんと”という言葉は
擬音語というだけあって、音を表す言葉です。

でも雪が降る時に音はならないし…と思いますよね。

まさに、その音がならない様をしんしんと、というのです。
音もなく振り続けることを、しんしんと降ると言う訳なんですよ。

静かな、という意味を「森(しん)とする」ともいうのですが
そこからきているのかもしれませんね。

シーン」という擬音語も
森(しん)とする」からきてると言われています。

漢字で書くと「深々、沈沈」と書かれます。

また、同じ”しんしん”でも、進々、振々などもあるんですよ。
ただし意味は違ってきますので、使う時は気をつけてくださいね。

小説?詩?音楽?雪&しんしんの表現が使われた作品を教えて!

“しんしんと雪が降る”という表現は、幅広い作品で使われています。
子どもの絵本から紙芝居、昔話にもたくさん登場します。

冬を舞台にした小説やドラマの台詞でも出てきますよね。

雪がしんしんと降る、という表現がある代表的な作品は
なんと言っても、藤あや子さんの歌ではないでしょうか。

名前がすでに「雪深深」なのです。

少し切ない歌なのですが、恋模様と雪が静かに降る様子がマッチしてて
つい聞き入ってしまう曲です。

“しんしん”に興味を持ったのならば
一度聞いてみるのもいいかもしれませんよ。

まとめ

“しんしん”という擬音語について、調べてみると色々出てきます。

  • “しんしん”は、音がならない状態を指す擬音語
  • 「森(しん)とする」からきている
  • 漢字で書くと”深々”

意味を知っていると
雪が降った時に少し違った見方ができるかもしれません。

雪が静かに降り続いてる時に、是非音を聞いて見てください。

きっと、”しんしん”の意味がもっとわかると思いますよ。

関連記事

【それが知りたい】高校生だけでも夜行バスには乗れるの?

赤ちゃんと迎える初めての夏!エアコンを使うとき気をつけたいこと

夜行バスに妊婦が乗るのは危険?!大前提押さえるべきポイントとは

用途に合わせたオススメの水筒を一挙公開!【小学生の男の子向け】

知ってる?長靴の正しい乾かし方!カビも臭いも一気に解決しよう

秋刀魚を食べようとしたら赤い虫を発見!寄生虫?食べると危険?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。