土用の草むしりはNG!?その理由は?もしやったらどうなるの?

なぜ土用に草むしりをしてはいけないかというと
土用の期間中は土の神様がいるためです。

この神様は土公神
どこうさま・どこうじん)という土を司る神様です。

そのため土用の期間中に土をいじると
神様の怒りをかってしまうため
祟りがあると考えられているのです。

土用の期間はいつ?草むしり以外にもしてはいけないことがある!?

夏になると「土用の丑の日にウナギを食べよう」という話は
多いのではないでしょうか。

その土用ですが
実は年に4回もあります。

春は4月17日~5月4日頃
夏は7月20日~8月6日頃
秋は10月20日~11月6日頃
冬は1月17日~2月3日頃となります。

意外と多いですよね。

さて草むしり以外にもしてはいけないと
考えられていることがあります。

  • 木を植える、土いじりをする
  • 引越しや旅行はしてはいけない
  • 柱を立てる、基礎工事や壁塗り、井戸掘り、土葬、穴あけなどをしてはいけない
  • 喧嘩や言い争いをしても泥沼になってしまう

といったことです。

主に土に関することですね。
土に関することなのでキャンプや虫取り
またガーデニングなどもしてはいけないそうです。

他にも

・異常者が出やすい
・生ものや冷たいものを食べると体調を崩しやすい

などがあります。

今の時代で言えば
季節の変わり目は体調を崩しやすいから体調には気をつけて
というものと同じだと言えるでしょう。

土用の期間はちょうど季節の変わり目に近く
昔は医療が発達していなかったために
結びつけて考えられるようになったのかもしれません。

また人間だけでなく
植物も季節の変わり目の影響を受けるものと
考えられていたそうです。

・新しいことをはじめても続かない
といったものもあります。

季節の変わり目のせいで体調不良になっていると
判断力が鈍ってしまいます。

散財を防ぐためにも
日をずらした方がよさそうです。

とはいえ食料や消耗品などは例外だそうです。

土用と知らずに草むしりしてしまったら○○すれば大丈夫!?

土用の日に土いじりをすることを禁忌としていたため
それを犯してしまったことに対する謝罪も大切です。

しかし、そもそも
「畑や田んぼの恵みに生かされている事への
感謝とお礼をこめて行われていた風習」とのことなので
祟りを恐れるものではないかと思います。

気になるようでしたら
土をいじってしまった場所に塩をまき
謝罪を伝えればいいのではないでしょうか。

なお塩はお祓い等ではなく、捧げ物です。

知らずにしてしまったことは仕方のないことですし
今後から気をつければいいことです。

あまり気にしすぎないようにしましょう。
それでも「どうしても気になる!」という方は
陰陽師に護符の制作をしてもらってはいかがでしょうか。

陰陽五行説の土を司る神様が土公神です。

つまり、土公神に1番詳しいのは
陰陽師ということになるわけです。

現在でも陰陽師は存在しているので
現在何か悪いことが起こっており
それが土用に関係あると思うのならば

頼ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

「季節の変わり目だから体調に注意して」と言われるより
「神様を怒らせないように注意して」と言われた方が
効果がありそうですよね。

昔の人もそう考えたのではないかと思います。

意外と土用の期間が多いので
なるべく気をつけていきたいですね。

関連記事

連休が嬉しくない時に試してほしい4つのこと

知らなきゃ損!な時短テク♪あさりの砂抜きは味の素でするべし!!

ハロウィンの呪文といえば「トリックオアトリート!」 お菓子をもらうにはどうすれば...

知ってる?長靴の正しい乾かし方!カビも臭いも一気に解決しよう

手袋の数え方何種類もあるって本当!?その由来は?どんな場面で使うの?

身長で悩んでいる人必見!?身長を伸ばす方法【中学生の女の子編】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。