出席したくない友達の結婚式…トラブルにならないための断り方とは?

友人の結婚式って、大きなイベントですね。

ですが頻繁にあるわけではない機会なのでマナーは知らない方が多いかもしれません。
ましてや断る場合のルールや友達相手に穏便に断る方法などもっと知らないのではないでしょうか?

友人相手なんて、今後も会ったりするかもしれないのにさらに断りにくいと思います。

なので今回は招待状の返信をする時のマナーと間違えてしまった場合の対処方法欠席する場合の上手な断り方をご紹介します。

それから個性的な招待状への注意点も紹介しますので
よければそちらも読んでみてください。

知っておくべき、結婚式の出欠返信のマナー

結婚式に招待されると、招待状が送られてきます。
友達とはいえお祝いですしマナーを守ったきちんとした返信をするようにしましょう。

まず返信を書くための筆記具は毛筆や万年筆が一般的です。

ですが、無理に毛筆などを使ってわかりにくい文字になってしまうのはマナーが悪くなってしまいます。

その場合は黒一色のボールペンで書くようにしてください。
グレーや、かわいいといった理由でカラーペンやピンクなどを使ってはいけません。

次に、招待状の中身の話になります。

招待状「御」「行」といった文字を消すための二重線など線を引くときは定規を使いましょう。綺麗に引くと丁寧にみえます。

  • 宛名の「行」を「様」に直します。2本線で消しましょう。
    「御出席」と、「御欠席」の「御」を消します。
  • 欠席に丸をつけ「残念ながら 欠席 させていただきます」となるように
    「残念ながら」「させていただきます」を欠席の文字の横に書きます。
  • 次に「御芳名」の「御芳」と「御住所」の「御」も消します。こちらも2本線で消します。消し忘れないように気をつけてください。

なお、連名の招待で1人が欠席する場合もあるかと思います。
その場合は出席に丸をつけ氏名欄に参加できる出席者の名前だけを書きます。

新郎新婦にわかりやすいように「夫は出張のため、○○(名前)のみ出席させて頂きます 当日を楽しみにしております」などといった言葉をメッセージに書くといいです。

結婚式の招待状では

「お祝い事に終止符を打たない」という理由で

句読点を打ちません。

可能であれば、返信のメッセージでも句読点を打たないようにして返信するのがいいです。

それから、招待状には欠席理由を書くものです。
出産などおめでたい理由の欠席、予定がすでに決まっている出張などはそのまま理由を書きます。

弔事や病気などの事情であれば言葉を濁して書きます。
「忙しい」「多忙」といった言葉は新郎新婦に失礼になるので使わないようにしましょう。

欠席理由を書く場合の例文は

「(この度は)ご結婚おめでとうございます

(お招きいただきどうもありがとうございます)

出産を控えているため大変残念ながら欠席をさせて頂きます

(おふたりの末永い幸せを心よりお祈りしております)」

といったメッセージにしましょう。

  • 「あいにく長期の主張の予定があり」
  • 「あいにく子供の入学式と重なりますので」
  • 「あいにく先約の結婚式がございまして」

などといった理由でも問題ありません。

欠席理由を書かない場合の例文は

「(この度は)ご結婚おめでとうございます

(せっかくお招きをいただきましたが)

どうしても都合がつかず出席することができません

末永い幸せをお祈り申し上げます」

といったメッセージにしましょう。

「やむを得ない事情により欠席させていただきます」という書き方でも問題ありません。
欠席の理由を細かく書く必要はないのでそこまで神経質にならなくても大丈夫です

なお、招待状のメッセージ欄がない場合があります。
その場合は余白にお祝いの言葉を添えるようにしましょう。

お祝いの気持ちと、招待してくれたお礼の気持ちが伝わるかと思います。

もし可能であれば、披露宴の当日に届くように祝電を会場に送るとお祝いの気持ちが伝わるので喜んでもらえると思います。

後々揉めない、上手な断り方はコレ!

今回の話では欠席と決まっているため予定がわからないということはありませんね。

まずは電話かメールで欠席を伝えましょう。
返信しなかったら欠席だとわかってくれるだろう、という判断はしてはいけません。
それはマナー違反になります。

連絡をする時、まずはお礼の言葉を言ってから欠席のことを伝えます。

その時

  • 「もしかしたら、やむを得ず欠席するかもしれない」
  • 「予定を調整できるように努める」

という2点をしっかり伝えましょう。

招待状が届いてすぐ欠席の返信をするのは「最初から出席する気がない」と受け取られ、失礼になってしまう可能性があります。

1週間程度の間をあけて返事をだしておきたいところです。
そうすることで、新郎新婦「どうしても都合がつかなかった」と気持ちがより伝わるようになります。

もちろん、メールや電話でのみの返信はしてはいけません。
SNSなども、もちろんダメです。

もし1週間を過ぎたり、指定された日を過ぎてしまった場合は
電話やメールで直接謝り、それから謝罪のメッセージを招待状に書いて送りましょう。

書いていてミスをしてしまった場合

いくら気をつけていても、間違えてしまうことはあります。
そんな時のための対処法もご紹介しますね。

とはいっても「絶対にこう訂正しなければならない!」という方法はありません。

修正方法の候補としては

  • 修正液やテープをつかう
  • カッターなどで削る
  • 二重線で消す
  • シールやイラストでごまかす
  • 代わりの返信はがきを用意する

あたりがあるかと思います。

シールやイラストはいくら親しい相手でも少し疑問に思ってしまいます。

家族や友人など親しい人ならば修正液やテープ、上司やあまり親しくない親戚などは代わりの返信はがきを用意した方がいいかもしれませんね。

とても親しい友人で、事前に伝えておけばシールなどでも問題ないかもしれません。
ですが間違えた場合、相手が誰であろうと返信をする前にお詫びの一言を連絡しておいた方がいいのではないかと思います。

招待状の返信にイラストを描くのはちょっと待って!

Twitterなどをやっている方はもしかしたら見かけることがあるかもしれません。
返信はがきに素敵なイラストを描いて返信する、というものです。

イラストで出席の部分を目立たせ、欠席の部分をうまく隠したり…とセンスはもちろん、その高い技術にびっくりします。
自分もやってみたい、と思う方は多くいるかもしれません。
ですが注意することが2つあります。

まず1つ目は、宛先が新郎新婦のご両親になっている可能性があることです。

しきたりやマナーに厳しい方だった場合どんなに素敵なイラストでも不愉快に思われてしまうかもしれません。
家族ぐるみで仲良し、こちらのことをよく知っているといった場合には喜ばれる可能性もありますができるだけ控えた方がいいと思います。

次に2つ目ですが、新郎新婦が嫌がる可能性があることです。

招待状を自分達で手作りした新郎新婦が「心をこめて作ったものに落書きされたくない」という考え方を持っていることがあるのです。

極端な例ですが、新郎新婦側は興味がない作品なのに自分が大好きな作品というだけでそのイラストを返信はがきに描いて送ったりしたら…受け取った新郎新婦は「なんだこいつ」となりかねませんよね。

自分が気持ちよくなるためにイラストを描くことはやめた方がいいと思います。
それでもどうしても…という場合はイラストを描く前に新郎新婦に確認しましょう。

全員が悪く思うわけではありませんし、喜ぶ方ももちろんいます。
私自身も、そんな返信をもらったらとても嬉しいと思います。

ですが、それでも「悪く思う方がいる」ということを忘れないようにしてください。
マナーとは、相手を思いやる心なのですから。

まとめ

マナーをあまり重要視しない方が増えているそうですが新郎新婦が思い出として大事にとっておくことが多い招待状です。
マナーを守った返信をしたいですよね。

最近は「個性的な結婚式にしたい」という考えが増えているようで招待状からすでにとても凝ったデザインのものが増えてきました。
紙の質感や加工、色やフォントに凝ったり招待状を手作りしたという話もけっこう聞くことが多いです。

とはいえ返信の書き方の基本は同じです。
今までの形式と違う!と焦ったりせず、落ち着いて返信しましょう。

関連記事

できる嫁はやっている!?親戚付き合いが苦手な人が意識をかえるコツ

お世話になった先生・教授へのお礼を卒業の際に手紙で伝えるには?

【書き方と例文】恩師へのメール文面(お礼編)

【学生必見】クラス替えが最低最悪だと思った時の対応策

【それが知りたい】小学校は楽になる?親同士のママ友付き合い

究極の選択?!嫌いな親戚を結婚式に呼ぶべきかどうか

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。