ウォシュレットを掃除しても臭いや汚れが…それって尿石のせい!?

ウォシュレットの掃除ってあなたはどのようにしていますか?

小さいしとてもやりにくいんですよね。

でもウォシュレットの場所はとても汚れやすく
放置していると悪臭も漂うようになってしまうんです。
そこから出た水をお尻にあてるのも
衛生的にもよくありませんよね。

このトイレの汚れの原因はいったい何なんでしょうか。
またウォシュレットをキレイに掃除をするには
どの様な方法があるのでしょうか?

今回はウォシュレットの掃除方法と汚れの原因を知っていきましょう。

掃除の敵…尿石とは?どこについている?放置したらどうなる?

トイレの汚れや匂いの原因は「尿石」と言うものになります。
では尿石とはいったい何なんでしょうか?

尿石とは尿の中に含まれている
カルシウムなどが結晶化したものを言います。

この尿石をほっておくとバクテリアがどんどん繁殖していき
悪臭を漂わせます。

もちろん汚れも取れにくくなっていくでしょう。

尿石はトイレのあらゆるところについている可能性があるんです。

  • 便座の裏
  • 便器のふち裏

こう見るとトイレ全てですね。

どの場所でも放置していると
同じような黄ばみや悪臭へと変わります。

細目にトイレ隅々まで掃除する必要があるようですね。

正しいウォシュレットの掃除方法は?○○を使えば尿石も解決!?

ウォシュレットのトイレ
普通のトイレとは違いとても掃除しにくいですよね。
ですがウォシュレットの部分は必ず掃除をする必要があります。

正しいウォシュレットの掃除の方法を勉強していきましょう!

  • ノズルを前に出し
    ノズルとノズルの間を歯ブラシを使ってこすっていきましょう。
  • ノズルをしっかり引き出し
    水で濡らしたいらない布などで拭きとりましょう。

汚れが取りずらかったら
ここでも歯ブラシでこするとキレイに落とすことが出来ますよ。

  • 「ノズルそうじ」のスイッチを押すと、水が出てきて汚れを流してくれます。

これで終了です!意外と簡単そうですね。

頑固な汚れになってしまっていたら
売られているノズルクリーナーなどを
使うとよりきれいに汚れを落とすことが出来ますよ。

さらにトイレ掃除には
クエン酸重曹があるとピカピカに尿石を落とすことが出来ます。

またクエン酸は黄ばみ予防にもなるので
持っておくと便利ですね。

まとめ

つい見落としがちなウォシュレットの部分ですが
放置していると細菌によって病気の原因にもなってしまいます。

健康維持にもウォシュレットの掃除は欠かせません!

やってみると以外と簡単です。

クエン酸と重曹を持ってトイレ掃除を始めましょう!

関連記事

「ずつ」と「づつ」はどちらが正しい?知っておきたい言葉の使い方

【ディズニーガイド】一眼レフは邪魔になる?持ち込むデメリット

土用の草むしりはNG!?その理由は?もしやったらどうなるの?

日焼けで肌が赤くなるのは色白or色黒!?肌への影響や対策は?

子供の日焼けは大人より危険!?色が戻らない?肌にダメージ?

話題のオキシクリーンで浴槽がピカピカに!その使用方法(量)とは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。