赤ちゃんの昼寝時間はどれくらい!?短いと成長に影響はある!?

赤ちゃんがお昼寝をしてくれると
ママはその間少し休憩が出来たり
自分のしたいことが出来たりとホッとする一時ですよね。

1~2時間ぐらいしてくれたら嬉しいですが
もう起きたの?と言いたくなるぐらい短いときもありますよね。

短い睡眠なのに
スッキリしたように目がパッチリして
もう寝てくれないという事もよくあると思います。

月齢によって平均時間はこれくらいと言われますが
短すぎたら成長などに何か影響はないのでしょうか?

また極端に短い場合
ぐっすりと長い時間寝かせる方法はあるのでしょうか。

今回は赤ちゃんの短いお昼寝についてご紹介しましょう。

赤ちゃんの昼寝を月齢別に見てみると…平均時間や回数は?

赤ちゃんのお昼寝の時間や回数は月齢によっても変わってきます。

  • 新生児~生後2ヶ月

    <回数>お昼寝と言うよりほとんどの時間が睡眠に当たります。
    <時間>平均16~18時間

  • 生後3~4ヶ月

    <回数>朝・昼・夕方1回ずつ
    <時間> 朝、夕に1時間、午後に2~3時間

  • 生後5~6ヶ月

    <回数>午前と午後
    <時間>午前に1時間、午後に2~3時間

  • 生後7~8ヶ月

    <回数>午前と午後
    <時間>午前に1時間、午後に2時間

  • 生後9か月~1歳頃

    <回数>午前と午後
    <時間>午前に30分程度、午後に2時間

ちょっとずつお昼寝の回数や時間が短くなっていってますね。
これも成長のひとつです。

1歳ごろになると自然と午前中のお昼寝も無くなってきますよ。

昼寝の長いor短いの影響は?ぐっすり寝かせるコツはある?

お昼寝の長い、短いは個人差があります。

大人でも短い睡眠の方がスッキリするという人もいれば
長い時間寝ないと体力が回復しないという人もいますよね。

これと同じです。

また1日家でゆっくりしていたらあまり体力も消費していないので
もしかしたらお昼寝をしない事もあるかもしれません。

その日の行動でも変わってくるので
そんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。

グッスリ寝かせたい時
少し暗くしたりして寝やすい環境を作ってあげましょう。

そしてお昼寝の前にしっかり遊びを入れてあげましょう。
そうすると疲れてぐっすりと寝てくれますよ。

まとめ

お昼寝の時間は長くても短くても成長には関わってきません。

また朝から遊びに行っていたりしたら遊びに夢中になって
午前中にお昼寝をしない事もあると思いますよ。

ですが赤ちゃんのお昼寝はまだ必要なので
出来るだけ取ってあげれるようにしましょうね。

関連記事

赤ちゃんを包む布の名は…アフガン?おくるみ?その違いとは?

妊娠超初期での夜行バスは危険!?リスクを理解して正しい判断をしよう

浮き輪から空気が漏れている!修理にはアイロンを使うって本当!?

行きたくない非常識?嫌いな親戚の葬式に出たくない時の処世術

修学旅行で初飛行機!機内へのスマホの持ち込み方から使い方まで

遠足なのにレジャーシートがない!代わりになるものを教えて!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。