子供の日焼けは大人より危険!?色が戻らない?肌にダメージ?

暖かくなると外で遊ぶ機会も多くなってくると思います。

昔は子供は真っ黒になるぐらい日焼けして外で遊びなさいと言う考えでしたが
今は子供も日焼けをなるべくしないように日焼け止めを塗ったりして
日焼け対策をしている子供が多くなっています。

日光に当たるのはとても良いことなのですが
日焼けをする事は実は子供は大人よりも危険な事が分かったんです!

私も子供の時は皮が剥けるぐらい
毎年真っ黒になるぐらい日焼けをしていましたが
今となって肌の悩みも多くやっぱり影響していたのかなと思います。

今回は夏を前にしっかりと子供の日焼けについて知っていきましょう。

子供を日焼けから守れるのは親!外出するときにおすすめの服装は?

子供の時はまだ親が着る服を選んであげたりすると思います。
なので日焼けから子供を守れるのは親なのです。

熱いときは服装も
ノースリーブや短パンと肌の露出が多い服装が多いと思います。
そうなると直で日に当たり肌を守る事が出来ません。

なので夏でも着れる様な通気性の良い
さらにUV対策が出来る上着を着るのが良いでしょう。

今ではUV対策が出来る服がたくさん売られています。
Tシャツ1枚でも出来ればそのような服を選びましょう。

子供と日焼け止めの関係…大人用はOK!?正しい使い方や危険性は?

服を着て日焼け対策はもちろんですが
それでも多少紫外線は通過するので
さらに日焼け止めを付けるのがおススメです。

子供に使う日焼け止めは子供用を選びましょう。

大人用では刺激が強すぎ
逆に肌を乾燥させてしまったり湿疹が出来たりして
ダメージを与えてしまいます。

そして日焼け止めには
紫外線吸収剤紫外線反射剤2種類あります。
市外線反射剤を選びましょう。

吸収剤の方が刺激が強すぎます。

日焼け止めを塗る際は
出来るだけムラにならないように
均一になるように塗るのがコツです。

紫外線はムラになっているところに集中したり
ムラに塗っている事でムラに日焼けをしてしまったりします。

子供はよく汗もかくのでこまめに塗りなおしましょう。

まとめ

子供だから日焼け止めはまだいいかなという考えは間違えです。

新生児の赤ちゃんから日焼け止めは塗った方がいいでしょう。

子供は大人よりも肌が敏感です。
なので大人よりも紫外線を吸収しやすいので
大人以上に紫外線対策をしてあげないといけません。

子供の時に受けた紫外線で大人になってからの
肌トラブルにも繋がってくるので
子供の頃からしっかりと日焼け止めを塗ってあげましょう。

関連記事

シャチハタ(印鑑)はどこで買える?ネット通販が断然オススメ!

スイカ割りがしたいけどスイカがない!スイカ代用品に使えるのは?

幼稚園の親子遠足、父親の参加はアリ?ナシ?

赤ちゃんの性格は生まれつき決まっている?優しい子供に育てるには?

高3の夏休み…受験勉強だけじゃイヤ!最高の思い出を作るには?

【完全保存版】フィギュアについたホコリ・ベタつきを掃除する方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。