子供が日焼けで肌が黒い!大人になってもこのままなの!?

子供は外で遊ぶことが大好きですよね。
これから暖かくなるとより外で遊ぶ機会が増えると思います。

日焼けをして肌が黒くなることもあるでしょう。

皮が剥けるぐらい真っ黒になると
大人になってもこのままだったら
どうしようと思ったこともあると思います。

日焼の仕方も人それぞれ
真っ黒になる人もいれば赤くなる人もいるでしょう。

この違いは何か原因はあるのでしょうか?

今回は子供の日焼けについて正しい知識を知っておきましょう。

子供が日焼けで受けるダメージは大人とどうちがうの!?

大人はシミ予防になど日焼け対策をしている人が多いと思いますが
子供が受ける日焼けは大人と比べて大きなリスクがあるんです。

  • 皮膚がん
  • 白内障
  • 老化(シミ、シワ)

などが考えられ子供にとっては日焼けは火傷に近い状態になるんです。

大人も同じような事は考えられますが
子供の方が皮膚も敏感で薄く紫外線を吸収しやすいので
よりこれらのリスクが高くなるわけです。

日焼けのあとの肌は黒い?赤い?色で判断する影響と対処法

日焼けをした後に肌が黒くなる人
また赤くなる人とがあります。

どの様な原因で違いがあるのでしょうか。
対処方法と一緒に見ていきましょう。

【黒くなる人】

紫外線a波が原因で黒くなります。
紫外線を浴びると肌は細胞をメラニン色素によって守ろうとします。
黒くなるのはメラニン色素が多く分泌をしている証拠です。

ヒリヒリとした痛みはありませんが
のちのシミやシワの原因にもなってきます。
対処法方としてはビタミンCを取りましょう。
活性酸素を除去しメラニンの生成を防いでくれます。

そして紫外線a波はガラス越しでも通過するので
室内にいる時でも日焼け止めはつけておきましょう。

【赤くなる人】

紫外線b波が原因で赤くなります。
火傷に近くヒリヒリしたり
ひどくなると水膨れが出来たりするでしょう。
肌が炎症を起きている状態です。

シミが出来たり皮膚がんのリスクも伴いとても危険な日焼けです。
対処法方としては赤く日焼けをしてしまったらまずはすぐに冷やしましょう。

そうすると痛みは多少消えてくれます。
摩擦を少なくし保湿をしっかりしましょう。

肌が白い人はもともと
メラニンが少なく赤くなりやすいので
UV対策は必須です。

日差しが強いときはあまり長時間外にいる事は控えましょう。

まとめ

紫外線のa波b派によって日焼けの仕方やダメージは違います。

そして元からの肌質によっても
黒くなりやすい人赤くなりやすい人と分かれるので
自分がどちらなのかを知っておくことが大事でしょう。

どちらにしても1年を通してしっかり日焼け対策をしておきましょう!

関連記事

日本語の不思議!雪がしんしんと降りつもる…由来や意味は?

赤ちゃんと温泉に入りたい!おむつが外れていなくても大丈夫?

意外と知らない!?バザーとフリーマーケットの違いって言える?

赤ちゃんがティッシュや紙を誤って食べた際の対処法

新幹線で多目的室を利用して授乳。乳児との新幹線で失敗しない為には

【夜行バス活用術】中学生(未成年)1人でも乗れるの?注意点とポイント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。