夏休みのしおりのコメント欄…「親から一言」に何を書けばいいの?

小学生の夏休みの前には
夏休みのしおり」と言うのをもらうと思います。

しおりには夏休み中の注意事項や宿題など
いろんな事が書かれていると思いますが
その中で「親からの一言」というコメント欄もあったりするでしょう。

これって子供向けなのでしょうか。
それとも先生向けの一言なのでしょうか。

子供に聞いたとしてもたぶん
分からないという返事が返ってくることがほとんどだと思います。

他にあまりこんな事聞けなかったりしますよね。

今回は夏休み前にそんな疑問を解決しましょう!

子供へ?先生へ?夏休みのしおりの親から一言は誰向けなの?

夏休みのしおりの親からのコメントは
子供向けに書くのが多いでしょう。

夏休みはどうしてもダラダラしてしまったり
遊んでばかりで宿題が進まなかったりというのもあると思います。

なので夏休みに入る前に
親から子供に向けて夏休みはこれを頑張ろうね。
などという目標を書いてあげると良いでしょう。

夏休みのしおりに書く事でまた
担任の先生も後々にですが話のタネにもなって
コミュニケーションも取れるでしょう。

目標を書く事や親と約束事を作る事
ダラダラの生活を少しはなくなるはずですよ。

親から一言に困ったら…○○を書けば子供も先生も納得する!?

親からの一言の欄は自由に書いてもいい物ですが
やっぱり先生も確認しますよね。

なのであまり変な事は書けないし
何を書いていいものか困る人もいるでしょう。

子供も先生も両方が
納得する一言をいくつかご紹介しましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • 早寝早起きをするようにしよう
  • 毎日30分は宿題の時間にしよう
  • ○○が出来るように頑張ろう
  • 毎日笑顔で過ごそうね
  • 夏にしかできない事をたくさんしよう

など目標を書いたり
子供が楽しみになりそうな事を書いてあげると
子供も先生も納得するでしょう。

嫌な事を親の意見だけで書くと
子供はどうしても気分が乗らず書いただけになってしまうので
例えば早起きをしてたくさんいろんなところに遊びに行こうなど
重ねると良いかもしれませんね。

まとめ

一言って結構難しいですよね。

長文を書くわけではないのですが
とても悩むことが多いと思います。

今回の夏休みのしおりでのコメントについては
子供向けに夏休み中どのように過ごすかという
内容を書いてあげたらいいと思いますよ。

子供と一緒に考えながら書いても良いかもしれませんね。

関連記事

手のひらに鉛筆の芯が刺さった・・・!そんな時はハチミツを使おう

連休が嬉しくない時に試してほしい4つのこと

新幹線で多目的室を利用して授乳。乳児との新幹線で失敗しない為には

クラゲは食べ物としても人気!?その成分は何?体への影響は?

スライムは洗濯のりなしでも作れちゃう!?意外なものが代用に!?

嬉しいはずの連休で疲れる!?その原因と対策は睡眠だった!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。