「ずつ」と「づつ」はどちらが正しい?知っておきたい言葉の使い方

皆さんは文章を書くのは得意ですか?
それとも苦手でしょうか。

私は正直苦手です。文章を書くというのもそうですが
中でも文字の使い方がこれで合っているのか
どうかと言うのも正直不安です。

その中でも「ずつ」と「づつ
この使い分けってちゃんと出来ますか?

同じ読み方ですがどの様な使い方の違いがあるんでしょうか。
実際間違って使っている人も少なくはないでしょう。

間違って使っているとちょっと恥ずかしいですよね。

今回は「ずつ」と「づつ」の正しい使い分けを勉強していきましょう。

「ずつ」と「づつ」はどちらが正しい?それぞれの違いとは

「ずつ」と「づつ」は実はどちらを使っても正解なんです。
ですが今では「ずつ」を使う方が好ましいとされています。

その理由としては
「づつ」は歴史的仮名遣い戦後の昭和21年ごろから
「づつ」と書かれていたものは「ずつ」に変えられてきたんです。

昭和61年現代的仮名遣いで正しい使い方は「ずつ」ではあるが
「づつ」も許可と言う形となり
今では両方が混じったような使い方となったんです。

なので古い書き方と現代の書き方との違いなので
どちらが正しい、間違えと言うのはありませんよ。

時と場合によって使い分けよう!

今では「ずつ」と「づつ」両方が使われていますが
どの様に使っていったらいいのでしょうか。

使い分けを見ていきましょう。

  • 音が濁るかどうか

    例えば「宝塚」という言葉で見て見ましょう。
    問題は「塚」を平仮名で書いた時「づ」か「ず」かですよね。
    」だけを平仮名で書くとつか」となり
    宝塚と言うとき塚は濁った言い方となります。

    この場合「塚」は「ずか」と書くのではなく「づか」となります。
    単独での言い方を濁った言い方に変わる時、その文字の「づ」や「ず」を使います。

  • 同じ文字が続く時

    例えば「すずめ」や「つづき」のように同じ文字が続くとき
    それぞれの「ず」や「づ」を使います。

    これは簡単で分かりやすいですね。

この様に使い分けを見て見ると分かりやすいですよね。

文章を書くときに迷った時は
この2点を思い出して確かめてみましょう。

まとめ

改めて日本語って難しいですよね。

「ずつ」と「づつ」は意味的に考えればどちらでも同じで
古い使い方と現代の使い方と言う違いとなるんですね。

どちらでも間違えではないのですが
正しい使い方があるので文章を
書くときは間違えないように注意しましょうね。

関連記事

赤ちゃんと迎える初めての夏!エアコンを使うとき気をつけたいこと

運動会の場所取りはシートによって結果が雲泥の差になる!?

日本三大祭りと言えば?ねぶた祭りは入っていないって本当!?

雨を願うならあめあめ坊主?!その作り方とは【あめあめ坊主の作り方】

新幹線で多目的室を利用して授乳。乳児との新幹線で失敗しない為には

なるほど!高速バスに1歳児を同伴させるのは止めた方が良い理由

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。