「課題が終わらないから学校や授業を休むのってあり!?」

特に大学生になると自分のことは自分で管理していかなければ
ならなくなりますし、課題もたくさん出ると思います。

この課題を終わらせるために今日は休もう…」といったように
誰しも1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

ですが、それがズルズルと続いてしまって学校を休みがちになったり、
休む理由はこれでバレないかと不安になる方もいるでしょう。

今回は、そういった疑問についてまとめてみました。

~課題が終わらないときは○○を言い訳に休めば大丈夫!?~

課題が終わらないから休む」と友達に言う人はいるでしょうが
それを先生や教授にはっきり言う人はいませんよね。

なので理由をつけて休みの報告をすると思いますが
体調不調や身内の不幸といったものが多いかと思います。

結論から言いますが、絶対にバレない理由はありません。

体調不良と言ったとして、病院に行って診断書など体調が悪いことを
証明できるものをもらい結果を報告しなさいという場合があります。
そういうことがない場合でも、普段から頻繁に体調不良を理由にして
サボっていると信用がなくなっていきます。

本当に具合が悪くなった時に信じてもらえなかったり
自分で自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

普段が真面目な生徒ならば信じてもらえるかと思いますが
休み癖がついたような生徒では疑われ追求されてしまうかもしれません。

次に身内の不幸と言ったとして
これは1度くらいなら疑われないかもしれません。
ですが「何人の身内に不幸があったの?」というくらい
これを理由にしている人もいます。

実際にみたことがありますが
回数が多く疑わしくても嘘かと追求しづらいです。
ですが、これはバレなかったとしても
不謹慎なので何度も使うのはやめた方がいいと思います。

身内の不幸と同列くらいで
法事があるというのも多いかもしれません。
ですが法事というのは突然決まることが滅多にないので
休む理由としてはバレやすいと思います。

学生において課題が終わらないというのはよくある話でしょう。
だから軽い気持ちで休むという人もけっこうな人数がいるでしょう。

バレなかったからいいやと何度も休んでしまう人もいるでしょう。
ですが、それは危険です。

学校では自由に休めてしまうものですが、その癖が治らないまま
社会に出てしまったらとても困ります。

そもそも、学校を卒業できないかもしれません。
授業についていけず、成績は下がる一方になるかもしれません。

また、家族に心配をかけてしまいます。休む頻度が高ければ高い程
家族は「何か病気かもしれない」「学校が嫌なのかもしれない
と気になると思います。

さらに、友人からは軽蔑されてちょっと疎遠になってしまう可能性もあります。
「まわりの友達も同じくらい休んでるから大丈夫」などと思っていては危険です。

私ならば、学びに来ている場所でサボり続ける人を見ていたくありません。
自分のために平気で嘘をつく人なんだと信用もなくなっていきます。

そして、教師にはおそらくバレます。

夏休みなどの長期休み明けといった課題の提出日にばかり理由をつけて
休んでいる普段からあまり真面目な生徒ではない、といった理由諸々。

休む側からすればたいしたことないと思うかもしれませんが
教師や教授というのは今まで何人もの生徒をみてきました。

本当に理由があって休む生徒なのか、嘘をついて休む生徒なのか
おそらく生徒が考えるよりはきちんとわかっているでしょう。

怒られない、注意されないから大丈夫と思っているのは大間違いです。

気づいた時には出席日数が足りない、課題での挽回もできない
留年決定などというところまで来ているかもしれませんよ。

~学生だけじゃない!?大人も課題が終わらないから休むことがある!?~

大人になると、課題ではなく仕事なります。

学生とは身分が違い、社会人として責任の重さも違います。
なので休日出勤や残業をして仕事を終わらせる人もいます。

夏休みの宿題を最終日に片付けるタイプは
大人になってもだいたい同じことを繰り返します。

仕事が終わらないということはあります。
ですが、終わらないから休むという人はあまりいません。
ではありませんが、そういうことをしていると
周囲からの信用はなくなっていきます。

納期に休まれては困るからと仕事を任せてもらえなくなります。
そうなると、どんどん職場に居づらくなります。

休みはとても大事ですが
周囲に迷惑をかけ続けるのはやめた方がいいでしょう。

~まとめ~

いかがでしたか?

ちょっと辛口になってしまいましたが周囲からすればバレている
あるいは悪く思われているかもしれないことが伝わったかと思います。

ズル休みが絶対の悪だとは言いません。
心が休みを必要としている時だってあると思います。

私にだって経験があります。
ですが周りの人達に迷惑をかけること、過剰なズル休みは
やはりいいものではないと思います。

なるべく課題を忘れないように
メモをするなど工夫をしてみてはいかがでしょうか。

せっかくの学校生活未来の自分のためにも
より良いものにできるよう頑張ってみてください。

関連記事

希望が実現?!クラス替えで好きな友達と同じクラスになる方法

大人だけじゃない!若白髪は中学生にも!?その原因や対策は?

高校生だって夏休みくらい髪を染めたい!どうすれば成功する?

気になるクラス替え事情、カップルだと別々にされるってウソ?ホント?

運動会の場所取りはシートによって結果が雲泥の差になる!?

夏休みのしおりのコメント欄…「親から一言」に何を書けばいいの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。