【ディズニーガイド】5月に半袖は早い?パークで快適に過ごせる服装

ディズニーランドに行くならその1日を
特別で快適なものにして良い思い出をつくりたいですよね。

ここでは5月中にディズニーに行く予定のある人、特に女性向けに
ディズニーランドでの1日を快適に過ごすためのおすすめの服装をご紹介していきます。

5月はその年により、春が終わって夏が来るか来ないかの天気もややこしい時期です。
朝晩の気温差も高くて着ていく服につい迷ってしまいがちですよね。
そんな人のためのおすすめの服装や持ち物のチョイスについても紹介しています。

5月は朝晩の寒暖差が激しい!1日を快適に過ごすオススメの服装

1年のうちで、天候や気温が朝晩で変わりやすい月の1つが4月~5月です。

この時期暑すぎず、寒すぎずで日中は過ごしやすい快適な日が
多い時もありますが梅雨入りした場合長雨が続くことも多く
朝が冷え込み日中は暖かいといった朝晩での寒暖差も激しい日が多いのが特徴です。

そんな5月をディズニーで快適に過ごすためのおススメの服装は
七分袖または、半袖を中に来て、上から長袖のジャケットやパーカーなどの
前開きのシャツを羽織るのがいいでしょう。

ほとんどの人は朝から夜まで1日中ディズニーのパーク内を散策して歩きます。
歩いていると日中は汗をかくことも多いので
羽織っている上着は脱いで半袖か七分袖で行動し、朝や夜など
肌寒くなってきたら上から長袖の上着を羽織るのがオススメです。

TDRとTDS、どちらのパークでも大活躍する持ち物を確認しよう!

ディズニーには現在東京ディズニーランド(TDR)と東京ディズニーシー(TDS)の
2つのパークが同じ敷地にあり、どちらに行くか迷っている人も
多いのではないでしょうか。

このどちらのパークに行く場合にも
持って行くと役立つ持ち物があるのでそちらについてご紹介していきます。

まずパレードを見る時に使うレジャーシート折り畳み傘
またはレインコートなどがあると、突然の雨でも安心です。

そして、ディズニーのパーク内の飲料や食事は基本的に高いです。
もしも飲食を安く済ませたい人は自宅から水筒やペットボトル
お弁当を持って行くのもおすすめです。

そして、歩きながら食べるポップコーンやお菓子を入れる
ジップロックやビニール袋を持っていると、いざというときに安心ですよ。
チャックがついているとカバンの中でこぼれることもありません。
また、パーク内で食べ歩きする時に子供がポップコーンをつまんで手が汚れます。
食べ物をこぼした時に重宝するので持って行きましょう。

まとめ

5月はまだ朝晩の気温差が激しく、半袖だけだと、日中は暖かくても
夜冷え込んできます。風邪をひいたりすることもあるので
半袖の上にパーカーなど長袖を羽織ることをおすすめします。

そして、パーク内では基本的に歩いて散策するので
どうしてもお腹がすいたり喉が渇きます。
パーク内で買う飲料は普通にコンビニなどで買う飲料の
およそ2倍近くの値段がするため、できれば飲料は持参した方が無難です。

いざという時のための
雨具やウェットティッシュ・ビニールの袋なども持参していきましょう。

関連記事

知らないとヤバイ!冬用タイヤ規制とは?

ポニーテールの日があるって知ってた?その由来や歴史は?

用途に合わせたオススメの水筒を一挙公開!【小学生の男の子向け】

赤ちゃんが昼寝しないからイライラ!もっと広い心を持つべき!?

家にあるもので!?洗濯のり代用できるのはどんな物!?

スイカ割りがしたいけどスイカがない!スイカ代用品に使えるのは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。