睡眠不足は血圧に影響する!?睡眠と血圧の関係

高血圧になるとさまざまな病気にかかりやすくなります。
実は高血圧には睡眠不足が関係しているということはご存じですか?

睡眠と血圧の関係を知って高血圧を予防しましょう!

睡眠と血圧の関係性

そもそも高血圧とは血圧が正常範囲よりも高く維持されている状態のことです。
そして高血圧は睡眠が不足することで起こりやすくなるといわれています。

血圧の変化は、自律神経の働きによって生じます。
健康な人の血圧の変化は、朝起きてから血圧が上昇して夕方から夜にかけて
少しずつ低下し、眠っている間は低くなります。これは日中交感神経が優位になり
就寝中には副交感神経が優位となるためです。

一方、夜にきちんと睡眠がとれていないと、夜でも交感神経が高ぶったままに
なってしまうため血圧が下がらず、翌朝も血圧が高いままになります。
これが続くことで高血圧を招くことになるのです。

高血圧を放置しておくと血管に負担がかかり
脳卒中や心筋梗塞、心不全、腎不全、血管の病気が発生するリスクが高まります。

寝る間を惜しんで仕事に打ち込んでも病気で倒れてしまっては意味がありませんよね。

睡眠不足を解消する方法とは?

高血圧を防ぐためには質の良い睡眠をとることが大切です。
よく眠るために基本となるポイントを以下に書いていくので参考にしてみてください。

  • 朝日を浴びる

朝日を浴びることで生活リズムのズレが修正されます。
目が覚めたらまずカーテンを開けて朝の光を浴びましょう。

  • 昼間は活動的に過ごし、夜は部屋を暗くしてリラックス

日中は日の光を浴びて活動的に過ごしましょう。
睡眠の質を向上させるために運動の習慣を身につけることもおすすめします。
ただし夕方以降に運動する場合には、激しい運動は避けてください。

夜は部屋の照明を落としてリラックスした状態で過ごすと眠りに入りやすくなります。
寝る前にPCやスマホを見ると、ディスプレイの光によって脳が刺激を受け、寝付きが悪くなったり眠りが浅くなります。
少なくとも寝る1時間前からはPCやスマホを操作しないようにしましょう。

  • 規則正しい食事

規則正しい食事のタイミングは生体リズムを調えてくれます。
また、きちんと栄養を摂ることで睡眠の質の向上につながります。

食事の時間が日によってバラバラだったり、量やバランスが極端に偏るようなこと
がないようにしてください。

胃に食べ物が残った状態で寝ると、内臓に負担がかかり
眠りが浅くなってしまうため、夕食は寝る3時間前までに済ませます。
揚げ物など消化の悪いものやアルコールの摂り過ぎには注意しましょう。

まとめ

睡眠と血圧には深い関係があることをご理解いただけましたか?

高血圧予防のために食事や運動に気をつけるだけでなく睡眠の質も
見直してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ウチの子の睡眠時間は少ない?睡眠時間のベストは何時間?中学生編

正しい湿布の張り方教えます!肩こりに効果的な湿布の貼り方はコレ!

当てはまったら要注意!胃痛で背中が痛いのは病気が原因?!

寝不足で疲れが取れない!対策方法を教えます!

保育園で昼寝しない我が子…一体何してるの?迷惑かけてる?

身長で悩んでいる人必見!?身長を伸ばす方法【中学生の女の子編】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。