渋滞で困った時にはコレ!暇つぶしに最適ななぞなぞ特集♪

家族で車を走らせどこかに遠出したとき、長い渋滞になってしまい
全く車が動かないままイライラしてしまったことありませんか。

そして、夫婦2人だけではなく小さい子供がいる家庭だと
子供は車での長距離移動での渋滞で暇を持て余してしまうはずです。
そんな時、親としてどうしてあげればよいのでしょうか。

そこで子供の暇つぶしに最適なのが「なぞなぞ」です。

ここでは、子供でも楽しめるかんたんななぞなぞから少し難しいもの
大人でも難しいと感じる上級レベルのなぞなぞも一挙紹介していきます。

小さな子供でも楽しめる初級~中級のなぞなぞ

まず、小さな子供でも楽しめる初級や中級のなぞなぞは幼稚園にあがる前の
子供から小学校低学年あたりまでの子供に対して出してあげるといいでしょう。

例えば、「顔が6個あって目が21個あるものは何でしょうか?
というなぞなぞに対しての解答は、「サイコロ」です。
これは、サイコロの面が6つで、目が21個あるからです。

続いては、「カレンダーに書かれているのにはっきりしない日は何日でしょう?
というなぞなぞに対しての答えは、「5日」です。

これは、「いつかわからなくなるからです。
などのとんちの効いた問題であれば、小さい子供でも楽しめるはずです。

解くまでに時間がかかる!?上級レベルのなぞなぞ

小学校高学年の子供や中学生などにもおすすめなのが
これらの上級レベルのなぞなぞです。

少し説くまでに時間がかかるかもしれませんが、盛り上がるかもしれません。
小学・高学年の場合、小さい子供だと難しく感じるくらいのなぞなぞがいいですよ!

例えば、漢字を取り入れた「ふたをとるだけで2つも増える数字って何?
というなぞなぞです。

その解答は「6」です。

これは、どういうことかというと6の数字は上のなべぶたをとると
「8」になり数字が2つ増えるからということです。

これらのなぞなぞ以外に
予備知識の必要な熟語、四文字熟語そして雑学などを
取り入れた問題も小学校高学年や中学生などの年齢が
少し高くなった子供にはおすすめです。

まとめ

ここまで暇つぶしになるなぞなぞを特集してきましたがいかがだったでしょうか。
長距離移動で退屈している小さな子供たちのために役に立てば幸いです。

ほんの一部しかご紹介できていませんがなぞなぞは本・雑誌・ネットでも
さまざまなものが出回っており、容易に閲覧できます。

車で旅行や遠出をする場合いくつか事前に
ピックアップしておくと渋滞にはまってしまった時安心ですね。

関連記事

赤ちゃんと迎える初めての夏!エアコンを使うとき気をつけたいこと

スライムは洗濯のりなしでも作れちゃう!?意外なものが代用に!?

親子遠足の「欠席」ってアリ?周りが納得する欠席理由とは?

赤ちゃんの性格は生まれつき決まっている?優しい子供に育てるには?

正しく使えないと恥ずかしい?!乳幼児は何歳のこと?

幼稚園の親子遠足、父親の参加はアリ?ナシ?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。