【それが知りたい】小学校は楽になる?親同士のママ友付き合い

これから自分の子供が小学校にあがるとなると
それまでの面倒だった親同士のママ友付き合いはどうなっていくのでしょうか。

少しでも減ると楽になるなと思う人は少なくないはずです。

ここでは小学生になるとそれまでよりはママ友付き合いが減るのか
小学校でも子供のために親同士のママ友付き合いは続けた方が良いのか

についてご紹介していきます。

小学校に上がると親同士のママ友付き合いは今までより減るの?

幼稚園ではあんなに人間関係が面倒だった親同士のママ友付き合いですが
学校にもよりますが、子供が小学生にあがるとグンと増えて面倒になる場合
逆に必要があまりなくなる場合に分かれます。

もしくは、行く小学校にもよりますが親同士のママ友付き合いはあっても
ママ友同士の関係性がお互いをあまり干渉しすぎない良好な関係を
築けるところの場合もあります。

 

小学校でもママ友は作るべき?メリットとデメリットとは

もしも子供が小学生に入ったら、ママ友は作るべきなのでしょうか。

子供がいる親なら避けては通れない問題ですが
そのメリットデメリットについて
ここでは紹介していきます。

まず小学生でもママ友をつくるメリットは、子供が第一子だと
なおさらですがどうしても幼稚園や保育園とは色々と勝手が違う小学校。

何もかもが初めてのことで正直、戸惑うことも多いかもしれません。
だからこそ、そこで助けになってくれるのが同級生もしくは上級生のママ友の存在です。

例えば、情報交換したり小学校で必要なものを
おさがりでもらえたりするので買わなくて済むことがあります。

それとは逆にデメリットですがママ友を作るデメリットとしては
親同士のママ友付き合いは、小学生の自分の子供の友人関係にも
影響するので親としてはそこが心配です。

子供が辛い思いをしないように
何とかママ友とは良好な関係を築いていきたいと思うものですよね。

そうしないと、子供同士もママ友同士の影響を受けてしまうと
とても可愛そうです。

まとめ

ここまで、子供が小学生になったら
それまでより親同士のママ友付き合いは楽になるか
それ以降のママ友付き合いを続ける
メリットやデメリットについてご案内してきました。

いかがだったでしょうか?

やはり普通の友達同士というわけではなく親同士のママ友付き合いというのは
子供同士の友達関係も左右してしまう特別な関係のようです。

何とか良好な関係を築いていきたいですね。

うまくいけば、さまざまな情報交換ができて良い関係が築ける
心強い味方になってくれるママ友。

子供のためにも仲良く上手に関係性を保っていきたいですね。

関連記事

小学校のクラス替えには法則があった!?気になるクラスの決め方

嫌いな親戚と絶縁したい人へのアドバイスしたい3つのコト

運動会の場所取りはシートによって結果が雲泥の差になる!?

修学旅行にもスマホ!もちろん充電もしたい!注意点は?

夏休みのしおりのコメント欄…「親から一言」に何を書けばいいの?

高3の夏休み…受験勉強だけじゃイヤ!最高の思い出を作るには?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。