今すぐ改善を!1歳児がご飯を寝る前に食べると成長に悪影響が?!

子供が1歳になるとご飯もいろんな物が食べられるようになり
離乳食と違って固形の物も食べられるようになってきましたよね。

お母さんにとってはまだまだ準備や、ご飯を食べさすのに大変な時期ではありますが
それも手ががからなくなってくるまでもうひと踏ん張りです!

だんだん生活のリズムも整ってきて
同じような時間帯にご飯も食べるように気を付けている人も多いでしょう。

ですが思い通りにならないのが子供です。
寝る前にご飯を食べてしまう事も少なくはないでしょう。

寝る前にご飯を食べると太ると言われたり
体にはあまり良くないとも言われますが実際にはどうなんでしょうか?

これからどんどん成長していく子供に悪影響があるのではないかと心配になりますよね。

今回はそんな問題を解決していきましょう。

生活リズムが乱れていると、寝る前に食べるが常態化する

寝る前にご飯を食べると、食べた物を消化するのに体は胃の消化活動に集中します。
そうなると、体は睡眠に集中できないため寝つきや睡眠の質が悪くなってしまいます。

また食べた物によって消化の時間がかかるものもあります。
物によったら起きた時も消化されておらず、胃もたれの原因にもなってきます。

理想としては寝る2.3時間前にはご飯を終わらせておくのが理想でしょう。

生活のリズムが乱れていると
食べるのが遅くなり急いで寝かしてしまうという事もあり得てきますよね。

食べてお腹いっぱいになると自然と寝むたくなるので
自然と悪循環に寝る前に食べるという習慣になる恐れがあるので
生活リズムが乱れがちになっている子供はまずリズムを整えてあげましょう。

寝る時間から逆算して生活リズムを作ろう!

ではどのようにして生活リズムを整えたらいいのでしょうか?

まず何を基準にするのかを決めると生活リズムが作りやすいですよ。

寝る前にどうしても食べてしまうような週間であれば
寝る時間を初めに決めてあげましょう。

3時間前にはご飯を終わらせたいので
決めた寝る時間から逆算すればご飯の時間が決められますよね。

そこからお風呂の時間などを決めていくと1日の生活リズムが作る事ができます。

まとめ

生活リズムを整える事によって自然と時間になると眠くなったり
子供にとってもお母さんにとっても生活がしやすくなります。

寝る前にお腹いっぱいの状態で寝ると、子供は満腹で気持ちが良いかもしれませんが
やっぱり胃に負担がかかってしまったりもするので神経質になりすぎ無くても
良いと思いますが、お母さんはしっかり大好きな子供の為に生活リズムを
整えてあげましょう。

関連記事

正しく使えないと恥ずかしい?!乳幼児は何歳のこと?

そんなところに原因が?!子供がご飯を食べながら寝る理由

【子育て知恵袋】心配になる乳児の便秘。原因と解消法とは?

遠足の日の天気予報は雨…小学生の我が子に持たせるべき雨具は?

親子遠足の「欠席」ってアリ?周りが納得する欠席理由とは?

pvaのりがないけどスーパーボールを作りたい!代用になるものは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。