【主婦の疑問】エアコンフィルターの掃除頻度ってどれくらいが良いの?

暑い時期にも寒い時期にも出番のあるエアコンですが

掃除する頻度はご存知でしょうか?

また、その掃除方法はご存知ですか?
家族の健康にも関係してくるので気になる方は多いと思います。

今回はフィルターの掃除の頻度で変化するメリットとデメリット
フィルター掃除の方法とポイントもご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

~2週間に1度はするべき?!フィルターの掃除頻度で変わるメリット・デメリット~

メーカーや機種によって様々ではありますが
フィルターを綺麗にしておくことで電気代の節約になります。

フィルターが汚れている分だけ力を必要とするため
余分な電気代がかかってしまうのです。

節電効果は10~20%程度と言われており
なかなか高い数値となっています。

他にも、綺麗な空気を送り出してくれます。
汚いフィルターのままですとカビが生えてしまいそれがエアコンの風に乗って
臭いと共に室内に広がります。

ぜんそくなどの呼吸器系、アトピーなど肌が弱い人には
大きな影響を与えるため注意したいものです。

1日8時間使用するとして
1~2週間に1回の掃除をメーカーは推奨しています。
冷房や暖房を使う頻度が多い時期はなるべく掃除したいですね。

他にも書斎や寝室といった服、布、本など
埃の元となってしまう物が多い部屋は注意しましょう。

キッチンなど油を使う部屋も注意が必要です。
最低でも1ヶ月に1回は掃除をした方がいいでしょう。

なお自動掃除機能がある場合は
フィルターの掃除は特にしなくてもいいようです。

自動で掃除するための電気代はかかってしまいますが
最近の家電は省エネ機能がとても高いため驚く程の差はありません。

掃除が面倒という方は、掃除機能のあるエアコンを買ってしまうのもアリですね。

ただし、機械の自動掃除には限界があり細かい埃が蓄積すれば
エアコンの動きが悪くなってしまいます。

また、フィルター部分にしか掃除機能がないため
他の部分は汚れますから掃除が必要です。

他にも自分で掃除をした方が
気づくことができる汚れもあるかと思うので
ご自分の環境や気になる点などを考慮したうえで
選んだ方がいいでしょう。

自分で出来るフィルター掃除のポイント

まず、フィルターを外す前にパネル部分などエアコンの周りについた
埃を掃除機で吸っておきましょう。

こうすることで、部屋が汚れなくてすみます。

次に、カバーを開けてフィルターの埃を吸いましょう。
こちらも部屋が汚れなくてすみます。

それが終わったら、フィルターの表面へ丁寧に掃除機をかけましょう。
内側である裏面から掃除機をかけてしまうと埃がフィルターの目に
詰まってしまうため注意してください。

 

劇的に綺麗になる、とまではいきませんがフィルター掃除の
基本はここまでになります。

もっと綺麗にしたい場合は、水洗いをしましょう。

掃除機の時とは反対に裏側からシャワーをかけます。

広い範囲で掃除できるため水道よりシャワーがおすすめです。

水洗いだけでは綺麗にならない場合ブラシと中性洗剤を使ってください。
裏面からブラシで優しくこすって洗うようにしましょう。
角の部分は、綿棒などを使うと綺麗にすることができます。

ここまですると、かなり綺麗になります。

最後に、フィルターを陰干ししましょう。
タオルで一度拭いてから新聞紙の上などに置いてください。
カビの原因になってしまうためしっかり乾かしましょう。

その後、向きに気をつけてエアコンに戻せば完了です。

なお、いくら綺麗にするためとはいえ水洗いを頻繁にする必要はありません。

掃除機でフィルターの掃除をする日2週間後に水洗いをする日、というように
交互に行うようにするのがおすすめです。

そして、しばらく使わなくなる時期の前にはきちんと掃除をするようにしましょう。

埃の中には菌やカビが潜んでいるため放置すると繁殖してしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

フィルターの掃除は案外簡単ではなかったでしょうか。

何年も掃除をしないでいると業者に頼まなければならなくなったり
水漏れの原因になってしまうこともあります。

2週間に1度フィルターの掃除をするというのは
少々面倒かもしれませんが、体や電気代への影響を考えると
なるべく掃除したいものですね。

関連記事

便器の黒ずみが取れない!?汚れの落とし方と予防法

触りたくないシンクの排水口!簡単キレイにする方法

【主婦知恵】クローゼットのカビをキレイに掃除する方法

重曹でお風呂掃除もラクチンにしちゃいましょう!

布ソファーの臭いどうすればとれる?便利アイテムとお手入れ方法

知っ得!自分で簡単にできるエアコン掃除方(カビ編)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。